東京消防庁職員が中華街で暴行し現行犯逮捕 「事実確認でき次第厳正に対処」

東京消防庁職員が三連休で混雑する横浜中華街で大暴れ

社会

2019/09/24 05:30

横浜中華街
(gyro/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

東京消防庁の職員が、三連休で混雑する横浜中華街で暴走。しらべぇ取材班は、その様子を探るべく、神奈川県警、そして東京消防庁を直撃した。



 

 

■店員の顔を殴ったり、頭突き

神奈川県警加賀町署は22日午後10時40分に、東京都武蔵野市吉祥寺東町1丁目に住む、東京都消防庁職員の男(30)を暴行の疑いで現行犯逮捕した。容疑は、22日午後10時ごろ、横浜市中区山下町の中華料理店前の歩道上で店員の顔を殴ったり、頭突きしたりしたもの。

警察によると、男が店の自動ドアに体を挟むなど不審な様子だったため店員(24)が声を掛けると、殴りかかってきたという。男は当時酒に酔っていて、調べに対して「暴力はふるっていない」などと供述し、容疑を否認しているとのこと。


関連記事:餅の事故は高齢者だけ? 若者も「ゼロではない」と警鐘も

 

■男との接見を申請中

東京消防庁は、現在男との接見を警察に申請中だという。広報課長は、しらべぇ編集部の取材に対して、

「事実の詳細は確認中だが、詳細が確認でき次第、厳正に対処する」


と述べた。

次ページ
■職員が過去にも…

この記事の画像(1枚)