小学校教諭が女子4人にわいせつ行為 教委は「教育の根幹揺るがす事態」

尼崎市でまた教諭による不祥事が発覚し、教委が教育の根幹を揺るがす事態と認識

オトナ

2019/09/24 16:40

女子児童
(Sasiistock/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

また教諭がわいせつ事件で逮捕され、もはや日常茶飯事になっている教師による性犯罪。しらべぇ取材班は、兵庫県警見方署と尼崎市教育委員会を直撃した。


 

■就寝中の女児に…

兵庫県警見方署は23日、伊丹市南町2丁目に住む尼崎市立小学校教諭の男(32)を強制わいせつの疑いで逮捕した。容疑は、18日午後10時ごろから19日午前6時半ごろまでの間、同県香美町の宿泊研修施設で、10~11歳の女児4人にわいせつな行為をしたもの。

見方署によると、当時は就寝時間で、女児8人が同じ部屋で寝ていた。起きていて被害に気付いた女児が19日、別の女性教諭に相談し、翌20日、この教諭が施設近くの駐在所に届け出た。

同署は防犯カメラなどから男の犯行内容を特定。調べに対して、「わいせつな行為をしたのは間違いない」と容疑を認めている。


関連記事:青森の小学校教諭が教え子にわいせつ行為 「ありふれた日常」との声も

 

■不祥事が相次ぐ尼崎市

尼崎市では、中学生のいじめによる自殺や高校、中学での体罰が相次ぎ発覚。今回の事件に関しては、勤務校の校長が聞き取りを行ったが、詳細が分かっていない状態だという。尼崎市教育委員会も教諭から現在のところ、聴取できていない。

教委の職員課長は、しらべぇ編集部の取材に対して、

「事実であるとすれば、被害児童に対して大変申し訳ない。教員としてあるまじき事案であり、教育の根幹を揺るがす事態だと認識している」


と述べた。教員の非行行為に対する指導、研修は、臨時校長会や現場で折を見て行っている最中だったという。

次ページ
■宿泊学習には重要な意義が…