YOSHIKI、故郷の千葉でボランティア その姿に手首を心配する声も

YOSHIKIがインスタグラムを更新。千葉県にボランティアとして参加したことを明かした。

エンタメ

2019/09/24 19:40

YOSHIKI
(画像はYOSHIKI公式Twitterのスクリーンショット)

ミュージシャンのYOSHIKIが、24日に自身のインスタグラムを更新。台風15号の影響でいまだ多くの地域が停電、断水の状態にある千葉県に、ボランティアとして参加した旨を報告した。



 

■「まだ助けを必要としている」

写真のなかで、土囊袋のようなものを肩に担ぐYOSHIKI。帽子を目深に被り、マスクとサングラスを着用している様子から、身元がバレないように装っていることを伺わせる。

未だ復旧の過程にある地域の現状を目の当たりにし、「まだ助けを必要としている地域が多く存在します。1日も早い復興祈っています」とメッセージを綴るYOSHIKIだった。


関連記事:YOSHIKI、“コンサート決行”に訴え 「亡くなってしまった人は、もう…」

 

■台風直後にもツイート

普段は、海外を活動拠点としているYOSHIKI。今回はるばる海を渡ってきたのには、その故郷が同県であることが関係しているようだ。というのも、台風直後のツイートで、地元が「館山市」であることを明かしていたのだ。

このときにも「とても心配です」と心境を吐露したYOSHIKI。このツイートの際はアメリカにいたとのことだが、故郷を思う気持ちはどこにいても変わらないのだろう。

次ページ
■「忙しい最中に…」と称賛の声