子宮・膣を2つ持って生まれた女性 それぞれに赤ちゃんを宿し双子も出産

女性の5パーセントほどが、じつは子宮に「奇形」があることをご存じだろうか。 

話題

2019/09/25 11:00

出産
(O_Lypa/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

子供を産み育てる機能が備わっていることもあり、女性の身体はとてもデリケートで神秘的。そして珍しい妊娠・出産の例が報じられることも少なくない。今、また新たなる話題が世界中を仰天させている。



 

 

■子宮が2つの「重複子宮」

「私は子宮、子宮頸部、そして膣を2つずつ持って生まれました。子宮奇形の一種だそうです」と語る、オーストラリア・メルボルン在住の34歳の女性。

初潮は14歳だったが15歳にしてひどい月経痛に苦しむようになり、「多嚢胞(たのうほう)性卵巣症候群」と診断されていた。ところが16歳の時、詳しい超音波検査が行われて「重複子宮」が判明したという。

「性生活に支障が出ないように」と配慮した医師は、彼女の膣と子宮頸部を二分している壁をレーザーで取り払ってくれたが、子宮体部はいじりようがないとのことだった。


関連記事:19歳の母が産んだ新生児の顔に深い切り傷 医師の説明にショック隠せず…

 

■妊娠を勧めなかった医師

左右に分かれている子宮の内腔はそれぞれ平均よりずっと小さく、医師からは「妊娠・出産は困難でしょう」と言われていたその女性。だが夫とともに彼女はあえてそれに挑戦した。

2014年6月に3,090グラムという標準の体重で誕生した女の子は現在5歳、続いて誕生した男の子も3歳になり、ともに順調に成長している。

昨年6月5日に誕生した双子の女の子たちも1歳の誕生日を迎えたが、1人は先天性横隔膜ヘルニアのため生後5日目に手術を受けており、長期にわたりその観察が続けられているという。 

次ページ
■インプラント避妊法で失敗

この記事の画像(1枚)