全裸男がサメのいる水槽にダイブ 出廷するも「俺、またやります」と懲りず

水族館の客は大盛り上がりだったというが…。


 

 

■男の暗い過去

監視カメラの映像にすべて映っていたこともあり、男の身元はすぐに判明。数日後に逮捕された男の裁判がこのほど開かれ、「無謀どころかこれは犯罪行為」「注目されたいがためにこんなことをした」と糾弾された男は有罪であると認め、「すみません」と謝罪した。

しかし男の弁護士は男のあまりにも悲惨な過去に言及。男が15歳のときにきょうだいが父を殺害したといい、それからというものアルコールに依存するようになったこと、また父親の死に打撃を受けたことから「犯罪に走った過去もある」などと明かした。


関連記事:少女を強姦し逮捕された男 「薬で化学的に去勢」の報道に波紋

 

■「またやります」

しかし男は反省していなかったもようで、裁判所では目の前にあった文具をいじるなどして下を向いたままだったとのこと。

それでも弁護士は「海の生き物が狭い場所に閉じ込められている姿を見るのが嫌なんです」とも男の気持ちを代弁したが、裁判官は男に執行猶予12ヶ月を言い渡した。

この判決に少なからずホッとしたのか、男は退廷する際に報道陣に向け「またやります」と断言。ジョークなのか本気なのかは不明だが、懲りていないことは間違いないようだ。

・合わせて読みたい→バーテンダーもグルで女性を集団レイプ 4つ星ホテル従業員の男5名に禁錮刑

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

→最大60%OFF Kindle本ビジネス書キャンペーン 対象2,000冊以上!

全裸裁判泥酔水族館サメ執行猶予余裕反省水槽出廷
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング