埼玉県教委が教諭3人の懲戒処分を発表 「不祥事防止に努めたい」

埼玉県教委が3人の教諭の懲戒処分を発表。その内容に驚きの声があがっている。

社会

2019/09/25 19:40

教室
(maroke/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

埼玉県教育委員会が24日、教諭3人に対する懲戒処分の発表。しらべぇ編集部は、教委への取材から、現場で何が起きているのかを探った。



 

 

■殺人未遂容疑

埼玉県教育局は、3日に交際相手の女性の首を絞めたとして、殺人未遂容疑で逮捕された春日部市立春日部中学校の臨時任用職員の男性教諭(23)を懲戒免職処分にした。この男性元教諭は、起訴されて現在拘束中のため、教委が接見で事情の聞き取りを行ない処分を決定したという。

小中学校人事課によると、男性元教諭は8月下旬に女性から別れを切り出され、「彼女を殺して自分も死のう」と自殺のために購入したロープで9月3日午前4時10分ごろ、就寝中の女性の首を絞めた。男性元教諭はその後、目が覚めた女性と一緒に久喜署に出頭した。教委の聴取で、この事実を認めたとのこと。

同人事課は、取材に対して「教員の研修を地道に行っていくしかない。そして、傷ついた児童の心のケアを県教委として、バックアップしていきたい」と述べている。


関連記事:教諭が生徒と殴る約束を交わして実行 市教委は「あるまじき行為」

 

■女子生徒に3回キスとみだらな行為

さらに、東部地区・県立高等学校の臨時任用職員の男性教諭(26)を、懲戒免職処分にした。県立学校人事課によると、元教諭は夏休み中の7月29日と8月1日の間に、女子生徒も参加していた行事に関する指導後、廊下や下駄箱の前で女子生徒に計3回キスをしたという。さらに4日、24日に県東部と都内のホテルでみだらな行為におよんでいるとのこと。

校内でキスをしていたという情報を得た女性教諭が、29日に校長と教頭に報告して問題が発覚。男性元教諭は女子生徒のクラスの副担任で、女子生徒が教諭に対して好意を抱いていたという。

ただし、2人はともに「付き合ってはいない」と答えたとのこと。男性元教諭は県教委に対し「最初は好意がなかったが、生徒から迫られ断り切れなかった」と話しているという。

次ページ
■教委のルールも破っていた…