埼玉県教委が教諭3人の懲戒処分を発表 「不祥事防止に努めたい」

埼玉県教委が3人の教諭の懲戒処分を発表。その内容に驚きの声があがっている。

オトナ

2019/09/25 19:40

 

■教委のルールも破っていた…

また、この男性元教諭と女子生徒は、LINEでもやり取りをしていた。しかし、県教委は、生徒と教諭のプライベートなやり取りは、メール、電話等も含めて一切禁止している。

そして、今回処分を受けた男性元教諭2人は、いずれも臨時任用職員だった。この職員たちには、年2回しか全体研修を行っていないという。

人事課は「学校現場で、校長などによる研修も強化し、不祥事防止に努めたい」と話した。


関連記事:教諭の不祥事相次ぐ かつらをかぶって女子トイレから出て…

 

■よそ見運転で事故

また、東部地区・県立高等学校に勤務する女性教諭(26)も戒告の処分を受けた。女性教諭は、平成31年1月26日午後6時頃、私用で普通自動車を運転中、越谷市流通団地一丁目7番地先の信号機のある丁字路交差点において、停車中の相手方女性運転の普通貨物自動車に自車を追突させた。

助手席の荷物が落ちたことに気を取られ、同女性に左胸挫傷等の傷害を負わせた。過失割合が100対0だった等の理由で今回の処分に至ったという。


■教師を信頼できない人は…

ネット上では「教職という自覚がないのか」「本能のままに行動してはいけないでしょう」と不信感をあらわにする声も。しらべぇ編集部が全国10〜60代の男女1,732名に教師をどう思うか調査したところ、4割以上が「信頼できない」と回答している。

信頼できない教師

全国で多発する教員の不祥事で、傷ついている児童・生徒たち。緊急に臨床心理士が学校に入っても、その傷が一生癒えないことがある現実を、教諭一人ひとりが重く受け止める必要がある。

・合わせて読みたい→借金まみれの小学校教諭が現金窃盗 県は「全力で不祥事防止に取り組む」

(取材・文/しらべぇ編集部・おのっち

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年3月22日~2019年3月27日
対象:全国10代~60代の男女1732名(有効回答数)

あなたにオススメ