『ボンビーガール』物件を探すはずがまさかの展開に 「大丈夫?」

『幸せ! ボンビーガール』では、大阪から上京する女性の家探しに密着。その後の展開に驚きの声が上がった。

エンタメ

2019/09/25 15:40

不動産
(maroke/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

24日に放送された『幸せ! ボンビーガール』(日本テレビ系)では、大阪から上京する女性の家探しに密着。物件探しが衝撃の展開を迎え、スタジオでは驚きの声が上がった。



 

■東京のケーキ屋に転職

今回物件を探すのは、パティシエの女性。大阪の洋菓子店で3年勤務し、東京のケーキ屋に転職するため、家を探しているという。

希望のひばりヶ丘駅で物件を探すために、1件目の不動産屋に入店すると、入社1年目の女性スタッフが1人で留守番中。撮影の許可をもらい、早速エリア以外の希望条件を聞いていくが、スタッフはメモをとる様子がなく、スタジオでは「覚えられるの?」と心配の声も。


関連記事:車椅子を理由に賃貸拒否された女性 その経緯に考えさせられる…

 

■驚きの展開に

結局2件ほど物件を紹介してもらい、内見に行くことになった女性。1件目の内見が終わり、2件目に向かう車中で女性が「お腹空いた…」「この辺ラーメン屋さんありますか?」とスタッフに質問すると、「大好きなところ2軒あるんです、中華そばかつけ麺」と説明を始める。

女性が「どっちもあり」と乗り気になってくると、スタッフの提案で一緒にお昼休憩を取ることになった。

おすすめのラーメン屋に入り、一緒にラーメンを食べる2人は、まるで友達同士のような雰囲気に。味も気に入ったようで、「美味しい」と満足気な女性は「引っ越したら一緒に行きましょう」と次の約束も交わしていた。

次ページ
■「ホスピタリティ感じた」

この記事の画像(1枚)