東京タワーのメインデッキがリニューアル! より迫力ある景観に

東京タワーのメインデッキがリニューアルオープン! 何がどう変わったの?

地域

2019/09/25 18:40

東京タワー

東京を代表する観光名所、東京タワー。昭和33年の開業以来、初めての大規模改装を行なった「メインデッキ」がいよいよ9月26日(木)グランドオープン! その新しい姿を、一足早く楽しんできたぞ。


画像をもっと見る

 

■窓が大きい

今回のリニューアルの目玉はこれ。

東京タワー

全てのなどガラスが大きくなり、カウンターと足元の鉄柵がなくなったのだ。これによってよりワイドで迫力ある眺望が楽しめるようになる。この入れ替えに約2年間かかったそう。

東京タワー

足元から頭上高くまで広がる窓。東西南北、全ての方角をしっかり楽しめる。


関連記事:冨永愛、大胆ドレス姿を披露 初めてのシャンパンタワーにニッコリ

 

■ガラスの床が増えた…

床はカーペットに変更。なんだかラグジュアリーな雰囲気が漂っている。歩いていると、突然足元がおぼつかなくなるエリアが!

東京タワー

ギミックデザインを取り入れているため、ちゃんと歩いているはずなのにふらふらした気分に…そしてその先には「ガラスの床」が待っているのだ。

東京タワー

うん、定番ながら怖い。このガラスの床、いままでよりも増床したそう。あちこちでキャーキャー声が上がっている。

さらに、夜は蓄光床が輝くエリアも。

東京タワー

昼と夜、2回行きたくなってしまう。


■メインデッキ以外も要チェック

リニューアルしたのは、メインデッキだけではない。フットにも、新しい見所が増えたのだ。

・ウェルカムラウンジ

東京タワー

メインデッキに向かう前に立ち寄るのが、この「ウェルカムラウンジ」。鉄塔模型や昭和33年のジオラマ模型、フォトスポットなど用意されている。

東京タワー

キラッキラの東京タワーがくるくるしている姿が拝めるぞ。


・タワーギャラリー

そして展望後に見学するのが「タワーギャラリー」。

東京タワー

貴重な資料の展示や、企画展を定期的に開催していくという。26日から開催されるのは「奉祝 東京タワーが見つめた60年〜皇族方をお迎えして〜」。

東京タワー

様々な写真や新聞、資料などが数多く展示されている。


・TOWER BAR

さらに、16時〜21時の間は秘密のバーカウンターが登場! 「TOWER BAR」ではスパークリングワインやソフトドリンクを提供してくれる。

東京タワー

東京タワーを見上げながらおしゃれに1杯いただけば、締めくくりにぴったりだ。

東京タワー

より楽しみが増え、景色も見やすくなった東京タワー。「行ったことがない」「小さい頃に行ったきりだな」という人も、一度足を運んでみては。童心に帰ってワクワクできるかも。

・合わせて読みたい→高輪ゲートウェイだけじゃない 2020開業の新駅はカタカナがポイント

(取材・文/しらべぇ編集部・たつき あつこ

この記事の画像(21枚)