大阪市の消防士が女性押し倒し強制わいせつ 「酔っていて介助しただけ」と供述

大阪市消防局でわいせつ事件が繰り返されるのはなぜか…

オトナ

2019/09/26 19:20

救急隊
(Mihajlo Maricic/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

全国的に消防士の不祥事が相次いでいる。22日には東京消防庁の暴行事件を取材したばかり。今回の事件の詳細を探るべく、兵庫県警と大阪市消防局に話を聞いた。


 

■「酔っていた女性を介助しようと…」

兵庫県警垂水署は25日、神戸市垂水区に住む大阪市城東消防署勤務の消防司令補の男(32)を、強制わいせつの疑いで通常逮捕した。容疑は、3日の午前1時44分頃から45分までの間、神戸市垂水区の集合住宅敷地内で、41歳の女性にわいせつな行為をしたもの。

警察によると、女性は歩いていたところを押し倒され、胸や下半身を触られたという。女性からの被害届を受け、付近の防犯カメラを調べたところ、走り去る男の姿が映っており逮捕に至った。

調べに対して、男は「酔っていた女性を見つけ、介助のために体を支えたが、わいせつなことはしていない」と容疑を一部否認しているとのこと。


関連記事:女性暴行容疑で大阪市の消防士長逮捕 相次ぐ不祥事にイメージ低下を心配する声も

 

■厳正に対処する

大阪市消防局によると、男は1日と2日は非番で、犯行後は午前9時から勤務についていたという。しらべぇ編集部の取材に対して、

「今後、事実関係を確認したうえで厳正に対処してまいりますとともに、服務規律の確保を徹底し、市民の皆様の信頼回復に努めてまいります」


とコメントした。

次ページ
■不祥事が相次ぐ大阪市消防局

あなたにオススメ