河本準一、電車の優先席で遭遇した出来事に激怒 「絶対許さん」

次長課長・河本準一が電車で経験した出来事を告白。40代のサラリーマン男性の前に高齢女性があらわれ…。

エンタメ

2019/09/27 05:30

つり革
(wutwhanfoto/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

次長課長の河本準一が26日に自身のブログを更新。電車で高齢女性に席を譲らなかったサラリーマン男性への怒りをつづった。


 

■高齢女性を無視してスマホ

「キレてる。いや、絶対許さん。まだ、こんなやつおるんや」と電車で遭遇した出来事への怒りを訴えた河本。40代前半ほどのサラリーマンと思われる男性が優先席に座っていたのだが、目の前に80歳は越えているだろう高齢女性とその娘が入ってきたという。

すると、その男性は2人を見たと思うと、すぐにスマホでゲームを始めたのこと。高齢女性は「つり革をギリギリ持てるレベル」で立っていたようだ。

その光景を見た河本は、男性について「俺じゃなく誰かが変わるだろうと思ってる」と心情を推測。なお、優先席には他に赤ちゃんを連れた母親と高齢男性という「優先されるべき人」しか座っていなかったようだ。結局、男性は2駅ほど経って電車を降りていったという。


関連記事:電車の普通座席で寝ていた女性 その後の展開に「納得いかない」

 

■席が空いたら…

さらに驚くべき光景が。男性が去ったあと、その席には50代ほどのサラリーマン男性がその席に座ろうとしたとし、河本はすぐさま高齢女性を席に座らせたとのこと。

すると男性は河本を睨んできたようで、「『俺だって朝から営業でしんどいんだよ! そんな目で俺を見るな!』と言わんばかりの目」をしていたよう。

河本はそのときのことを振り返り、「おい、全員そうやねん。お前だけやないねん。そこやねん。そこをたった2駅立つだけでお前を見る目も変わるし仕事も充実するねん。その優しさが人を成長させるのに。もったいない」とサラリーマン男性たちを励まし、「ばぁちゃんには遅いけどやり直しはきくぞ 次は頼むぞ優先座席に積極的に座るなよ。普通席でも変われる人になれよ」とつづった。


■電車内で高齢者を見かけたら席を譲る?

優先席だけでなく、普通席でも席を譲ることの大切さを訴えた河本。しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,344名に「電車で高齢者を見かけたとき」に関する調査をしたところ、「席を譲るほうだ」と回答したのは半数。

高齢者に席を譲るグラフ

一方で、しらべぇでも既報のとおり、優先席に座ったことがある990名の2割以上が「優先席で寝たふりをしたことがある」と回答している。毎日の仕事で心身ともに疲れているかもしれないが、それでも席を譲る優しさは忘れないでほしい。

・合わせて読みたい→電車で高齢女性に席を譲った男性 「その後の行為」に思わず絶句

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年12月15日~2017年11月18日
対象:全国20代~60代の男女1,344名 (有効回答数)