元AKB・西野未姫、ファンに「歯が溶けている」で炎上 発言の真意は…

元AKBの西野未姫が、過去の炎上発言を反省

エンタメ

2019/09/27 12:30

西野未姫
(写真提供:JP News)

元AKB48でタレントの西野未姫が26日、『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演し、過去の炎上発言を釈明した。



 

■握手会は「ゲロ吐くほど嫌い」

番組では、「握手会はゲロ吐くほど嫌い」という、西野の炎上発言を紹介。「ファンの方どういう人多いんですか?」と質問された際に、西野は「思った通りに言ってた」のだという。

そして、「だから『握手会もすごい人が多くて疲れちゃってすごい大嫌いでした』とか、思ったまま素直に言ってたら、どんどん炎上しちゃって…」と、炎上は率直に話した結果だと主張。それでも「今はとっても反省をしている」と打ち明けた。


関連記事:ダレノガレ明美、悪質コメントに強気な発言 「何年炎上してると…」

 

■「歯が溶けている」と発言も

他にも、「AKBのファンは歯が溶けている」と発言していたことも。

これについては「(歯が)抜けている人はよく見かけますよ。でも、AKBの握手会に来るファンの人は、歯がとろけてるんですよ」と自身の経験を振り返った。

これを受け、MCのダウンタウン・浜田雅功が「ファンは減りましたか?」と投げかけると、西野は「今、ファン10人しかいないんで」と元アイドルとは思えない現状を明かし、スタジオを沸かせた。

次ページ
■ネット賛否「面白い」「好感度下がる」