「親戚の子が機内で下痢しないように」 飛行機に賽銭を投げつけた女に罰金刑

似たようなケースがたびたび問題になるなか、またしても…!

社会

2019/09/28 14:30


 

■女の夢は「医師になること」

「賽銭を投げることで親戚の子の下痢が止まりますように」と願ったというこの女だが、立派に大学を卒業し、現在は医科大学に行くべく受験勉強に励んでいる最中とのこと。

医師になりたいという人物による「神頼み」が話題になり、「どうしようもないな、これは」という呆れた人々の声が噴出している。


関連記事:「乗客を全員ぶっ殺す」 飛行機のドアをこじ開けようとした女に実刑判決

 

■エンジンに小銭を投げ入れた人も

今年はやはり中国にて、若い男がエンジンに向かって2枚の硬貨を投げ入れたと判明。幸いにも整備士らが気付き速やかにエンジン内部を点検した。

拘留された男は「賽銭を投げ入れれば厄除けになるでしょう」「あれで安全な旅ができると信じていたのです」などと話したというが、この「迷惑行為」で男を含む乗客全員が降機する事態となり、旅の途中だった多くの客が大変な迷惑をこうむった。

また春には子連れの若い中国人の男が搭乗寸前に小銭3枚を投げる姿が監視カメラに映ったことから騒動となり、この男についてはその後10日にわたって拘留されたと伝えられた。

飛行機に賽銭を投げても運気がアップするどころか「良い事などひとつもない」ということを、そろそろ知るべきである。

・合わせて読みたい→新型ウイルス感染の疑いで搭乗拒否 子供を空港に置き去りにした両親に唖然

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

この記事の画像(1枚)