子供の頃に嫌いだったものは一生無理? 野菜嫌いが直った割合は…

小さい時に嫌いだった野菜は今でも食べることができない?

社会

2019/09/29 13:30

野菜
(m namba/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

子供の頃、野菜が嫌いだった人は大人になり食べられるようになっただろうか。筆者の周囲を見ると、にんじん、ピーマンが出ると皿の隅に移動させ残す人が少なくない。

味覚は子供の頃と変わっているはずだが、ここまで嫌いだとなにかトラウマになるようなことでもあったのではないかと思えなくはない。一方で、大人になってから野菜嫌いが直ったという人はどれくらいいるのだろうか。


画像をもっと見る

 

■多くの人は…

しらべぇ編集部が、全国10~60代の1,653名を対象に調査したところ、全体の33.8%が「大人になって野菜嫌いが直った」と回答した。

野菜嫌いについての調査

多くの人は子供の頃食べられなかったものは今でも口にすることができないようだ。なお、男女別では男性33.7%、女性34.0%とほとんど差は見られなかった。


関連記事:キャッチボールをしたことがある? 最多は10・50代男性

 

■30代男性と60代女性が4割近く

さらに、年代別に見ると、30代男性と60代女性が4割近く。

野菜嫌いについての調査

30代男性は大人の味がわかってくるとともに嫌いなものはとことん食べず、60代女性ならいくつになっても食べられないものなのだろう。


■年収別で見ても変化なし

年収別で見ても、どの層も3割以上という結果に。

野菜嫌いについての調査

高年収になっても比率が落ちていないあたり、自分の嫌いなものは普段口に入れないようにお金を使っているのかもしれない。

・合わせて読みたい→楽しいけど… 自宅に友人が泊まることに約半数の人がストレス?

(文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年8月9日~2019年8月14日
対象:全国10~60代の男女1,653名(有効回答数)

この記事の画像(4枚)