16歳の怪力アメフト選手 車を1人で持ち上げ人命救助

さすがはアメリカンフットボール選手、鍛え方がハンパじゃないようだ。

社会

2019/09/29 17:20

 

■「将来は消防士に」と少年

少年が通うクリア・フォーク・コルツ高校の、アメリカンフットボール部の監督であるデイブ・キャロール氏はこうコメントしている。

「ザックは昨年夏に父親を亡くしており、お母さんをよく手伝う心の優しい少年です」


「隣家のご家族が同じように父親を亡くし、悲しみに暮れることを想像し、居ても立ってもいられなくなったそうです」


「人助けが好きなのでしょう。ザックは将来、消防士になりたいと語っていました」


太い首と腕がのぞく以外、なかなか筋肉を目にすることがないフットボール選手だが、爆発的な筋力を維持するための彼らの鍛え方はハンパではないようだ。


関連記事:「選手生命より人命」 炎上車の窓を割り、2人救助した格闘家に称賛の声

 

■人が普段以上の力を発揮する時

しらべぇ編集部で、全国20代~60代の男女1,368名を対象に調査したところ、全体の59.8%が、「人は追い込まれたときのほうが力を発揮すると思う」と答えていた。

追い込まれた時

「火事場の馬鹿力」という言葉があるが、ザック少年は男性の救助にあたった時のことを「無我夢中で気が付いたら車体が持ち上がっていた」と話している。まさに150パーセント、あるいは200パーセントの力を発揮していたのではないだろうか。

・合わせて読みたい→5歳娘の腕をつかみ無理心中 父親は電車にひかれるも娘は奇跡の救助

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年8月26日~2016年8月29日 
対象:全国20代~60代の男女1,368名 (有効回答数)

この記事の画像(2枚)