恋人を殺したDV男 服役を経て新恋人を10キロのダンベルで殴りつける

ダンベルで女性を殴りつけた男に、殺意がなかったわけがない。

社会

2019/10/01 08:20

ダンベル
(Astarot/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

過去に愛する女性を殴り死なせた男が、またしても恐ろしい罪を犯した。にも関わらず意外にも軽い刑を言い渡されたこの男については「病気レベル」「またやるのでは」という声も上がっている。



 

■過去に恋人を殴りつけ死なせた男

今から14年前のこと、英国で暮らすある男(46)がホームレスシェルターで出会い交際していた女性を路地で襲撃。膝で女性の体を痛めつけ殴るなどした結果、返り血を浴びた男のコートは血まみれになったという。

この暴行が原因で、ふたりの子を持つ母親で売春婦でもあった女性は死亡。同女性を死に至らしめた男には3年の実刑判決が言い渡されたが、この甘い判決に家族が猛反発したことも話題になった。


関連記事:フラれた男が逆上 「最低な死に方をしろ」と元恋人をハンマーで襲撃

 

■10キロのダンベルが凶器に

服役を経て再び社会生活に戻った男はまたしても女性たちと交際を始めたが、昨年には恋愛関係にあった女性を自宅で襲撃。

この日いきなりキレた男は10キロのダンベルを持ちベッドで横になっていた女性を殴りつけ、さらには重みのある木製の箱を投げつける、ベルトを持ち出し女性を力任せに打ちつけるなど、酷い暴行を加えたことが判明している。

次ページ
■反省した様子はゼロ

この記事の画像(1枚)