県立高3年生が子供2人を誘拐 「エッチなことしようと考えた」と供述

県立高校の3年生が子供2人を誘拐しわいせつ行為

社会

2019/10/02 07:40

トイレ
(Jummie/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

奈良県の県立高校に通う高校3年生が、商業施設内で事件を起こした。しらべぇ取材班は、警察、教育委員会から、詳しい話を聞いた。



 

 

■子供2人を騙して…

奈良県警高田署は9月30日午後5時35分に、未成年者誘拐の疑いで、同県大和高田市に住む県立高校3年生を通常逮捕した。

8月21日午後5時20分ごろ、大和高田市内の商業施設で飲料水を購入していた同県北葛城郡居住の小学2年の女児(8)と幼稚園の男児(6)の姿を見て誘拐を決意。

「後ろが汚れているよ」などと虚偽の事実を告げて、同日午後5時22分ごろまでの間、上記施設の多目的トイレに連れ込んだ疑いが持たれている。なお、児童2人はきょうだい関係にある。


関連記事:警官が女児を誘拐未遂 ありえない最低行為の末に逮捕される

 

■幼い子供に興味があった

警察によると、女児が泣き叫んだため高校生が解放し、母親のもとに戻ったところを警備員が発見。事情を聞いたところ、「トイレで身体を触られた」などと答えたため、近くの交番に通報したという。防犯カメラの映像等から高校生を特定した。

調べに対して、「やったことに間違いない。幼い子供に興味があり、エッチなことをしようと考えた」と供述し、容疑を認めているとのこと。

次ページ
■高校でも処分を決めることになる

この記事の画像(1枚)