『スッキリ』女子中学生、海に落ちた少女を救出 「そんな方法が…」

人の命はかけがえのない尊い存在。福岡県の女子中学生たちのとった行動が話題となっている。

話題

2019/10/02 13:00

溺れる女性
(O_Lypa/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「自分は落ち着いた行動がとれる」という自信があっても、非常時に適切な行動を選択するのはかなり難しいもの。2日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)で特集された福岡県の女子中学生の行動に、称賛の声が多数上がっている。



 

■地元の海で事故が…

番組に登場したのは、福岡県・宗像市大島の中学校に通う藤島海琴さんと、後輩の本田悠さん、草野寧彩さん。部活動を終え、フェリーターミナルでおしゃべりをしていると「人が海に落ちた!」という声を聞いたという。

すぐに駆けつけると、海で溺れる少女と慌てふためく家族の姿が。パニック状態に陥った父親が海に入ると逆に危ないと判断した藤島さんは「私が行きますから、引き上げを手伝ってください」と少女の父親にお願いをする。


関連記事:イルカに襲われた少女 間一髪で助かるも体中に深い傷やあざ

 

■息の合ったチームワーク

藤島さんはその後も見事なリーダーシップを発揮していく。まずは草野さんから所持していた2リットルのペットボトルを受け取り、人を呼んでくるように指示。

本田さんには家族が落ちないようケアを頼み、自身は海面まで2メートルある海の中へと飛び込んでいった。空になったペットボトルを浮き輪代わりにして少女に渡し、励ましの言葉をかけて安心させながら救助活動を行なったという。

藤島さんは少女を抱きかかえた状態で約50メートル泳ぎ、見事救命に成功した。

次ページ
■「そんな方法が…」と驚きの声

この記事の画像(2枚)