出張先で女性の部屋に侵入した自衛官 自宅からは下着がなくなっていた

自衛隊員が出張先で女性宅に侵入し、下着を盗んだ疑い

オトナ

2019/10/03 14:30

軍人
(ChrisSuperseal/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

北海道警察は2日、住居侵入の疑いで、陸上自衛隊函館駐屯地の三等陸曹の男(29)を逮捕した。しらべぇ取材班は、陸上自衛隊から、詳しく話を聞いた。


 

■自宅から下着がなくなる

今回の逮捕容疑は、2019年1月31日午後3時ごろから翌日の午前2時ごろの間、札幌市南区の20代女性の自宅に侵入したもの。警察によると、当時男は仕事で札幌市南区の真駒内駐屯地を訪れていて、女性と面識はなかったという。

女性の自宅からは、下着がなくなっており、部屋には靴の足跡が残っていた。警察が付近の防犯カメラなどから男の犯行を特定したという。調べに対して、男は「下着を盗む目的で部屋に侵入した」などと供述しており、容疑を認めている。


関連記事:陸上自衛隊員が娘に殴る蹴るの暴行 「主人を止めてください」と通報

 

■「厳正に対処したい」

陸上自衛隊真駒内駐屯地によると、男は犯行当日、同駐屯地に手伝いに来ていたという。男がこのような不祥事を起こしたことに対して、第28普通科連隊長の一等陸佐は、編集部の取材に対して、

「警察の捜査に全面的に協力するとともに、明らかになった事実に基づいて、厳正に対処したいと考えている」


とコメントした。なお、自衛隊では処分対象者になると自ら退職を申し出ても、処分が決まるまで辞めることができないことになっている。

次ページ
■過去にひったくりでも…

この記事の画像(2枚)