保育園の経理担当職員が園児の裸を盗撮 「バレないようメガネ型カメラで」

北海道帯広市の保育園に盗撮のプロが勤務していた衝撃

社会

2019/10/04 07:45


 

 

■盗撮厳禁カメラだった

男が使っていたメガネ型カメラは、いつでもサッと身につけられるので、場所や状況を選ばずに使用しやすい性質があり、この特長を活かすことで急な証拠撮りが必要となる場面で有効なものだったという。

主な用途としては、セクハラやパワハラ、いじめや嫌がらせ、近隣トラブルに使用されやすい。またビジネスシーンでの商談や会議の記録用として、特に効果的に使えるとして、スパイカメラと呼ばれている。メガネフレーム内にはピンホールカメラが内蔵されている。

販売元では、高い秘匿性を誇る為、被写体や使用場所によってはプライバシーの侵害や迷惑防止条例違反にあたる恐れがあり、盗撮厳禁で、悪用は絶対にやめてほしいと、と注意している。


関連記事:「保育士の子供を1人も保育園に入園させなかった」は本当?  市は「統計的にあり得ない」

 

■就職の目的が間違っている

ネット上では、盗撮目的で保育園に就職したのだろうという意見があがっている。

「最近、本当に保育士、教師の児童・生徒に対する性犯罪が多くて怒りを覚える」


「保育園、幼稚園とかはそれ目的で職業を選んでる気がする」


「こんな奴が保育園に、あるいは学校に潜んでいるのかと思うと、おちおち子供を行かせる事もできない」


保育園での虐待も最近続々と発覚している。保育園・学校・教委の信頼が地に落ちていることが、この国の由々しき事態といえる。

・合わせて読みたい→現役保育士・江藤菜摘 新作で園児の父親と「オトナな関係」を演じる

(文/しらべぇ編集部・おのっち

この記事の画像(1枚)