ギャルママ、ママ友には見せられない料理の裏側 「実際は…」

元カリスマギャルモデルの心育児研究家・日菜あこがブログを更新。自分ひとりのときの食事の実態について綴った。

エンタメ

2019/10/05 05:45

日菜あこ
(画像は日菜あこ公式Instagramのスクリーンショット)

食材を買って、メニューを決め、調理し、後片付けをする……日々の料理は多くの人にとって面倒な仕事だろう。結果、「自分用のときは手を抜く」という人も少なくないのでは。

元カリスマギャルモデルで、3児の育児の様子を綴ったブログが人気を集める心育児研究家・日菜あこが2日に更新したブログ記事が注目を集めている。


 

■インスタ映えな日常と思いきや…

現在、中3の長男、中1の長女、小5の次女の3人の子供を育てているギャルママの日菜。インスタグラムを見ると非常に華やかな生活をしているように見え、日菜自身も「インスタだと…『キラキラな生活送ってそう』ってママ友とかには言われるけど」と述べる。


関連記事:ギャルママ、キッザニアでの“娘のチョイス”に驚愕 「まさかの…」

 

■「主婦ってこんな感じだよね?」

しかし、当然ながらこれは前置き。「実際は…すっぴん・パジャマで髪の毛一本縛りして…ごはんなんてこんなゴハン食べてます」と続け、自分ひとりのときの写真をアップする。白米、キムチ納豆、ソーセージ3本というラインナップだ。

だが、味には満足しているようで「納豆にキムチ入れたらまーぢうまい」と一言。そして、「でも主婦ってこんな感じだよね? 自分のごはんは手間なく・洗い物少なくが鉄則」とし、「ウィンナーはお弁当の残りだよぉ〜笑」「自分のためにわざわざ焼けない笑」とリアルな主婦心を語った。

次ページ
■「激しく同意」「みんなそんな感じ」