アダルトショップで惨事発生 AV鑑賞中に男性死亡その理由は…

刺激があまりにも強すぎた可能性も…?

オトナ

2019/10/06 08:20

テレビ
(gpetric/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

自分の国をしばらく離れ、「異国で趣味を存分に楽しもう」と旅に出た男性がいる。年齢はすでに60歳。それでもふと目に入ったアダルトショップに好奇心を刺激された男性は入店したが、生きた状態で店を出ることはできなかった。



 

 

■イタリアを訪れた男性

大好きなサイクリングを存分に楽しもうと、母国であるイギリスからイタリアに飛んだ男性(60)。

先日はベネチアに近い街でサイクリングを満喫したというが、そこでふと目に入った店がどうしても気になったもよう。入口に書かれていた「SEXY SHOP」という文字にそそられたらしく、男性は乗っていた自転車から降りるなり店内に入ったという。


関連記事:病院個室料金の不当徴収が横行か 厚労省は「実態調査していない」

 

■15分間のAV鑑賞へ

そこで男性は「約590円を支払えば個室で15分間AVをご鑑賞可」というコースを選び、料金を支払うなり個室に入ったとのこと。入室、そしてAV鑑賞開始と同時に部屋の外に設置しているランプが灯るシステムで、店員もそれは確かに確認したという。

しかし時間が15分を超えても男性が部屋から出てくる様子はなく、入室から30分ほどが経過した頃に「これはおかしい」と店員も不安になり、オーナーに声をかけ一緒に様子を確認しに行ったという。

次ページ
■倒れた原因は心臓発作か