肉にうるさい熊本のシェフが初めて「北海道のジンギスカン」を食べてみた

熊本のシェフが北海道のジンギスカンを食べてみると

グルメ地域

2019/10/06 18:40

「肉はやっぱり熊本が最高ですよ。あか牛にブランド豚、イノシシやシカも獲れますし、僕もレストランを経営しつつ猟師もしているので、肉にはうるさいですよ!」

と語るのは、熊本県菊池市で人気ピザ店『イルフォルノドーロ』を経営する、原田シェフ。彼は北海道にいままで1回も来たことがないらしく、最近記者と北海道に来る機会があったため、ジンギスカン店へ連れてきた。


 

■札幌の実力派ジンギスカン店へ

記者おススメのジンギスカン店『メリーシープ』は、常連客に愛され続け16年の、北海道でもっとも美味しいという人も少なくない超実力派ジンギスカン店。

メニュー数は少ないが新鮮な赤ラムや貴重なマトンのヒレなど、素晴らしい羊肉を提供するこだわりの店でもあるが、北海道ジンギスカン初体験の原田シェフは、いったいどう評価するのだろうか?


関連記事:ジンギスカンが北海道名物になった意外な理由 チコちゃんの解説の驚きの声も

 

■肉のプロの評価は…

「ジンギスカンってもっと独特の匂いがあると思ってたけど、一切ないですね。すごく美味しそう!」と、焼いているうちからテンションが上がってきたようだ。

お店自慢のスッキリとした味のタレでいただくジンギスカン、記者的には最高だが、肉のプロである原田シェフが食べてみると…

次ページ
■いくらでも食べられる

この記事の画像(10枚)


あなたにオススメ