松尾雄治がビートたけしと振り返るラグビー部時代 破天荒ぶりが話題に

ビートたけしがラグビー界のレジェンド松尾雄治氏のエピソードを告白。ネットでは驚愕の声集まる

エンタメ

2019/10/06 10:00

ラグビー
(Image Source/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

5日に放送されたTBS系情報番組『新・情報7daysニュースキャスター』にラグビー元日本代表の選手で現在はスポーツキャスターとして活躍する松尾雄治が出演。ビートたけしと松尾が大学時代のエピソードを語った。


 

■「明治なのに日大で練習」

ワールドカップで日本が好調な話から始まったトークだったが、たけしは「松尾は明治(大学)なのに日大に練習しにいった」という話を暴露。これに対して松尾は「それは頭打っちゃった時なんですよ」と釈明。

畳み掛けるように「あの松尾さんの話は本当に面白いですよね。明治大学に入学したのに、初日の練習はどこの大学のグラウンドに行ったんですか?」と質問。

松尾は「忘れちゃったんですよ。最初は明治行ったはずだったのに、日大だった。それを後から言われて…」と苦笑い。

すかさずたけしは、「『松尾入ったから日大が強くなるぞ』と聞いた松尾は『ここは明治じゃない』と気付き帰ったとんだよね。日大の人たちはガックリした」と追い打ちをかけた。


関連記事:テレ朝・松尾由美子アナが結婚! ももクロファンから「お願い」も相次ぐ

 

■100%のオレンジジュース?

さらに、安住アナが「あと好きな話があって。先輩に100%のオレンジジュースを買ってきてくれと頼まれ…」と話を振る。

すると松尾は「100%のオレンジジュースしか飲まないって先輩がいて。売ってなかったから50%のオレンジジュースを2本買っていったんですよ。そしたら先輩が『これ一気に飲んだら100%になるな』って飲み始めて。やっぱりラグビー部の絆はすごいよ」と語った。


■「面白すぎる」

松尾の勘違い、先輩のオレンジジュースの2つエピソードを聞いたTwitter民からは「面白すぎる」といった声が相次いでいる。

2人の語った話だけでもかなりの面白さだが、掘り返すとまだまだ色々出てきそうだ。ラグビーで世間を盛り上げっているうちに、面白いエピソードを聞きたい。

・合わせて読みたい→明大生が出会い系で知り合った女性に昏睡強盗 大学は「コメント出す予定ない」

(文/しらべぇ編集部・Aomi


あなたにオススメ