松本人志、増税後の混乱に一言 視聴者は「間違いない」と評価

『ワイドナショー』で松本人志が消費増税における制度の繁雑性に言及。ネットからは共感の声が。

エンタメ

2019/10/06 12:00

松本人志

6日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、番組ご意見番の松本人志が消費増税に言及。その内容が、ネット上に共感を呼んでいる。


 

■「まんまと向こうの術中に…」

1日、ついに始動することとなった10%への消費増税及び軽減税率制度。同じ店舗内でも持ち帰りか否かで税率が異なることや、キャッシュレス決済利用時のポイント還元など、制度の繁雑さが世の人を悩ませている。

そんななか松本は「まんまと向こう(政府サイド)の術中にはまったんじゃないかな」と切り出し、その理由について、

「『ややこしい!』っていう方向にみんなの気持ちを持っていって、税を上げることへの気持ちをずらしたって感じはする」


と、私見を述べた。


関連記事:箕輪厚介氏、増税前の駆け込み行列に苦言 「そのとおり」と共感も

 

■東野幸治も同意

番組MCの東野幸治も、この松本の意見に同意。「上手に論点をずらされている」としたうえで、

「こんだけポイント還元するんやったら、その分を戻して、(例えば一律)9%とかでええやん」


と、制度への不満を覗かせた。

次ページ
■「間違いない」と共感の声

あなたにオススメ