滝沢カレンとタモリの共通点が発覚 「タモリさんの領域に達している…」

『あちこちオードリー』で滝沢カレンとタモリの共通点が発覚した…

エンタメ

2019/10/06 10:30

滝沢カレン

オードリー・春日俊彰が店主、若林正恭が常連客の店にゲストを招くトークバラエティ番組『あちこちオードリー』(テレビ東京系)が5日放送。

滝沢カレン大久保佳代子が出演、それぞれの本音やエピソードを披露していくなか、「滝沢とタモリの共通点」が明らかとなった。


 

◼滝沢の「やりにくい共演者」は?

「やりにくい共演者はいる?」という話題から、滝沢は「やりにくい人はいないし、やりやすいって思ってる人もいない」と常にフラットな感情で共演していると明かす。

これに「みんな平等?」「無敵だよね」と驚きながら、若林は「多分、(いずれ)その域にいくんだろうね。『やりやすい』もなくなる域があるのかも」と共感。「誰と一緒でも滝沢カレンだってことをやれる」と分析する。

滝沢はその分析に共感しつつも「逆に言えば変われない。人に合わせられない」と悩みも吐露した。


関連記事:滝沢カレンを笑えない?日本語が苦手な自覚アリな人が続出中

 

◼滝沢とタモリ

ここから話題が「仕事の反省」に移ると、滝沢は「『何を反省すればイイんだ?』ってなる。良かったことも悪いことも特にない」と独特な仕事への感性を覗かせる。

若林は「タモリさんも同じようなこと言う。反省もないし良くもないって」と滝沢がタモリと同じ領域にいると驚愕。

大久保も「タモリは忘れる天才。だから毎日『いいとも』ができる」との言葉を過去に耳にしたと明かし、仕事の内容を忘れて反省も後悔もしない滝沢と、タモリの仕事に対する姿勢の共通点を指摘した。

次ページ
◼視聴者も驚愕

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ