Perfume、亀田誠治がタッグ あの『はみがきじょうずかな』が…

7日放送の「おかあさんといっしょ」でPerfumeが歌う「はみがきじょうずかな」が放送。反響が寄せられる。

Perfume

2019年10月7日放送の『おかあさんといっしょ』(NHK・Eテレ)でテクノポップユニット「Perfume」が歌う「はみがきじょうずかな」が放送された。

番組でお馴染みの定番曲がロックなテイストに生まれ変わり、ツイッターでは反響が多く寄せられている。


画像をもっと見る

 

■子供より大人が反応?

「はみがきじょうずかな」は幼児に歯磨きを推進する楽曲で、1979年から「おかあさんといっしょ」では起用されている定番曲。子供の頃に一度は耳にした人も多いのではないか。

その楽曲がまさかのPerfumeの起用でで生まれ変わった。元々、Perfumeが自身のライブで披露しており、2019年1月1日に放送されたEテレ60特番「Eうた♪ココロの大冒険」でもスタジオでのパフォーマンスが披露されていた。

そして10月7日からは本家おかあさんといっしょでの放送が開始。今後は毎週月曜に放送される予定だ。

編曲に亀田誠治を迎えたPerfume版「はみがきじょうずかな」はロックテイストに仕上がっている。ハード過ぎず、湿っぽくもない。コーナーの映像にも意外にマッチしており、亀田の高度なアレンジ技術が光っている。

今までにない新しいアレンジに子供はもとより大人たちも反応した。


関連記事:『NHK紅白歌合戦』3日目リハーサル Perfumeはトラブルも「記者さん大変ですね」

 

■音楽の英才教育

この放送の影響もあってか、ツイッターでは「Perfume」がトレンド入りを果たした。多くの反響が寄せられたPerfume版「はみがきじょうずかな」、その一部を見てみよう。

このほかにも数多くのコメントが寄せられている。

ライブでのレパートリーがまさかの本家に昇格――進化した「はみがきじょうずかな」は子供だけでなく、大人たちも巻き込んで盛り上がりを見せた。

第一線で活躍を続けるPerfumeと亀田のタッグは子供たちへの音楽の英才教育となりそうだ。


■「Eテレタイム」は親子の大切な時間?

しらべぇ編集部が、全国20代~60代の子供がいる男女687名を対象に調査したところ、全体の14.7%が「Eテレタイムは親にとっても至福の時間だと思う」と回答した。

Eテレタイム

わずか14.7%であったが、Perfumeが起用されたように、大人も驚くようなコンテンツが増えてくれば、この数字は増えるかもしれない。

・合わせて読みたい→『おかあさんといっしょ』お姉さんに異変… 体操のお兄さんに称賛相次ぐ

(文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年3月22日~2019年3月27日
対象:20代~60代の子供がいる男女679名 (有効回答数)

この記事の画像(5枚)