misono、番組で「メニエール病」発表 批判から一転、応援する声も

misonoが『ノンストップ!』で活動制限とその原因となった病気を告白。ネットでは反響続出。

エンタメ

2019/10/07 17:10

misono
(写真提供:JP News)

7日、歌手のmisonoがフジテレビ系『ノンストップ!』の番組内で自身の病気を告白。病名の発表と活動制限についてネットでは反響が続出している。



 

■ツイッターで活動制限を発表

1日、YouTubeのチャンネルである「misono ch」公式ツイッターにて、体調不良のためYouTube投稿を休止することが発表された。同時に投稿されたブログでは、活動制限や病名発表に関して『ノンストップ』を見てほしいと告知していた。

しらべぇ既報でも伝えた通り、以前に命に関わる病気であると発表したことから、「需要ない」「誰得?」と話題となり、急上昇ワードランキング1位に。


関連記事:小木博明「ユーチューバーって大体が売名」 発言の意図に反響相次ぐ

 

■『ノンストップ!』で病名告白

7日に放送された『ノンストップ!』では、「精巣がんによる胚細胞腫瘍」と闘病する夫・Nosukeと個人事務所社長、タレント・歌手として活躍しつつ夫を支えるmisonoに密着。

タレント活動の中で異変を感じたmisonoは「こんな状況で休止とか言ってたらダメだって思ったんですけど、そろそろ、歌えなくなってきて…」と話す。

「耳がすごく痛い。起きたらめまいがあるから、めまいがおさまるまで待たないといけない」「舞台袖とかでも震えが止まらない」と現状を告白した。

次ページ
■医師からは「休んで」