反社流“絶対に盗まれない自転車の特徴”が話題 「かわいい」「面白すぎ」

話題のVTuber・懲役太郎が語る「絶対に盗難されない自転車の特徴」が話題に。

話題

2019/10/08 05:45

 

■近所の住民「それもらえない?」

その効果は懲役太郎も「衝撃的ですね」と舌を巻くほど絶大だったようで、「鍵、かけなくたって盗んでいくやつがいない」レベルにまでなったという。地域で名の知れた事務所ならではのエピソードだが、これに反応したのが近隣の住民たち。

彼らも同じように自転車の盗難に以前から悩んでいたらしく、「申し訳ないけど三号車、四号車ってしてくれませんか?」と言ってきたというのだ。

上(本部)に許可を取るような案件でもないため、事務所の人が「自分で作っていいよ!」と言ったところ、五号車、十号車とどんどん増加。近所中が組を名乗る自転車で溢れかえったという。


関連記事:犬の散歩中の“組の若衆”に遭遇した女性 まさかの出来事に「怖すぎ」

 

■「かわいい」「面白い」

予想できない悩み、展開、そしてオチと三拍子揃った今回のエピソード。思わずほっこりさせられた人も多かったようで、コメント欄では「かわいい」「撃退シールだ」「警察の反応が気になる」などの声が寄せられることに。

「一号車、二号車ってなんかかわいい」


「逆に警視庁って書いとけば盗まれないかも!」


「撃退シールの配布ですね(笑)」


「その状況を見て警察の方々はどんな感情でいたんでしょうか」


「おもしろすぎる」


■傘でも「盗られて仕方ない」は2割弱

冒頭、傘と違って自転車は諦められないという趣旨の発言をしていた懲役太郎。たしかに数百円のビニール傘と違い、自転車は安くても1万円程度するので、財布的にもかなり痛い。とはいえ、傘も盗まれたくないのが多くの人の本音だろう。

ちなみに、しらべぇ編集部が全国20代〜60代の男女1,348名を対象に「傘の盗難」について調査したところ、「盗られても仕方がない」と考えている人は全体の18.9%に過ぎなかった。

傘でこの数値なのだから、自転車を盗られて簡単に諦められる人は滅多にいないだろう。

・合わせて読みたい→“前科を重ねた人が刑務所で迎える末路”が話題 「まともに生きよう…」

(文/しらべぇ編集部・宝田洸太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日
対象:全国20代~60代の男女1,348名(有効回答数)

あなたにオススメ