助手席女性がいきなりの流血 静かな車内でいったい何が起きた?

目の前を列車が横切り驚いた犬が足を一歩前に踏み出した。その瞬間、助手席の女性は…

社会

2019/10/09 11:30

シフトレバー
(utah778/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

助手席の女性が突然大きな悲鳴をあげ、太ももの一か所からはジワジワと血が流れ始めた。しかし、その事故はほかの車やバイクが絡んで起きたものではなかった。


 

■踏切前で列車の通過を待つ車

その「事故」は、米国オクラホマ州ガーフィールド郡のイーニッドという町で今月3日午後2時半ごろ、ある踏切前で列車が通過するのを待っていた車の中で発生した。

あり得ない恐怖を体験したのは、79歳の男性が運転する車の助手席に座っていた44歳の介護ヘルパーの女性。車が静かに停止していたなか突然左太ももに激痛を感じ、そこからみるみる流血したため男性が911番通報し、複数の緊急車両が現場に急行した。


関連記事:拳銃がより安全に?イタズラ防止機器に巨額の資金が集まる

 

■それは1発の銃弾だった

男性が外したベルトで太ももの付け根をきつく縛りながら救急車を待ち、イーニッドのセントメアリー地域医療センターという大きな病院に搬送された女性。彼女の太ももから摘出されたのは銃弾だった。

しかもそれは、男性が車のコンソールボックスに置いていた22口径の拳銃から放たれたものだった。銃はサイレンサー付きで、踏切の騒音もあって2人とも発砲音にはまったく気づかなかったという。 

次ページ
■いくつもの偶然が重なる

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ