氷川きよし、歌手として今後の意向 「ジャンルに囚われずやりたい」

歌手の氷川きよしが10日に都内で行われたイベントに登場した。

エンタメ

2019/10/10 18:40

氷川きよし
『Xーmobil 新CM発表会』

10日、都内で『Xーmobile 新CM発表会』が開かれ、歌手の氷川きよしが登場し、撮影時の話などを振り返った。


画像をもっと見る

 

■緑のジャケットに…

撮影は夏に行ったというが、空調の音が入らないように冷房を付けないように敢行。イベントでも、撮影で着用したという緑のスーツを着用していた。

「Xーmobileのイメージカラーに合わせてオートクチュールにしました」


関連記事:氷川きよし、レコード大賞で熱唱 これからの活動に「自分らしく輝くことが大切」

 

■「OK」が出ても…

CMでは、担当者が「OK」と出しても氷川は「こだわりがあって、撮影で何度も表情にこだわった。できあがりもよかった」とこだわっていたという。

携帯はあまり慣れていないという。「自分も機械得意じゃないから教えてもらえれば。自分も早速今日から使う。明日から海外生活が始まらないけど(笑)」


■演歌以外にも…

『限界突破×サバイバー』などで、演歌歌手としてのイメージから、ロック歌手としても話題になった氷川。

「演歌を歌ってきて、42歳になって自分らしく自分の好きな音楽を表現したい。ジャンルに囚われない自分を表現したい。何を伝えるか、歌で訴えていくことが大事」


と、今年でデビュー20周年を迎え、演歌を歌い続けてきたが新たな一面も見せたいと語った。

・合わせて読みたい→氷川きよし、紅白直前特番でブラウスからまさかのチラ見え 「気になる…」

(文/しらべぇ編集部・亀井 文輝

この記事の画像(3枚)