放火殺人事件で9歳男児を起訴 乳幼児3名を含む5人が死亡

重要参考人のなかにわずか9歳の少年。検事当局も当初からひどく困惑したという。

社会

2019/10/12 13:30

悲しげに座り込む少年
(KatarzynaBialasiewicz/iStock/Thinkstock/画像はイメージです)

他人の自宅に放火し、5人の尊い命を奪った疑いがもたれていたわずか9歳の少年が、このほど正式に起訴された。きわめて慎重な捜査の結果であるという。



 

■9歳少年の起訴が決定

米国イリノイ州で今年4月6日に起きた1件の火災。そこに暮らしていた一家の5人が死亡し、原因の調査にあたった消防局、郡保安官事務所、郡検死局、州警察はいずれも「放火の疑いが強い」と判断していた。

半年ほどの慎重な捜査を経て、このほど9歳の少年1名を放火および第一級殺人の容疑で起訴したことを郡検事局が発表。その年齢と犯した罪の重さに波紋が広がっている。


関連記事:少年6人に性的虐待 TV出演経験のある著名牧師に1008年の実刑

 

■死亡の5名は乳幼児が3名

火災は同州ウッドフォード郡のグッドフィールドにあるトレーラーパークで発生。ある家族のトレーラーハウスから大きな炎があがり、69歳女性、34歳男性、2歳男児、2歳女児、1歳女児の5名が焼死あるいは一酸化炭素中毒で死亡した。

なお男性の妻で子供たちの母親である女性と8歳の長男は、かろうじて逃げ出すことができたという。

次ページ
■少年犯罪に厳罰下るアメリカ