11歳の少女が強姦され出産 逮捕された男は逆ギレし呆れた不満を炸裂

どこまでも身勝手な男に人生を狂わされた女児。11歳という幼さにして母に…。

オトナ

2019/10/14 05:00

赤ちゃん
(fizkes/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

女児を強姦し子供を産ませた男が、実刑判決を受けたことに憤っている。性欲を満たすために女児を襲った末に親になった男だが、反省している様子はまるでない。


 

■強姦された11歳の少女

アメリカで暮らす11歳の女児がニューヨークの男(34)に強姦されたことが明らかになったのは、2018年11月のこと。電話相談窓口に寄せられた情報をもとに捜査が始まったというが、すでに強姦されてから約9ヶ月が経過していたという。

しかし容疑者と断定された男はなかなか罪を認めようとせず、メディアの取材に応じて「女児を強姦したことはない」「でも女児の赤ちゃんは俺の子です」などとコメント。さらにとんでもない釈明で関係者を驚かせた。


関連記事:「怖くて被害を明かせなかった」 強姦魔の子を産んだ10代少女

 

■男の呆れた主張

女児と性交した事実はないと主張した男は、「俺が自慰をしたときに着用していた服をあの子が身に着けたんです」「あの子が妊娠したのはそのせいですよ」とコメント。

しかし「なぜ信じがたいと言われるか理解できますか」と記者に問われるなり「はい」と即答するなど支離滅裂で、今年1月に身柄を拘束され起訴された。

また今年8月に入ると女児を強姦し妊娠させたことを認めたが、男は罪を恥じ後悔している様子すらなかったという。

次ページ
■男が逆ギレ

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ