ゴミ屋敷アパートから退去を命じられた老婆 「豪邸暮らしだったから」と釈明

「私はどこへ行けばいいの?」と嘆く老婆。ゴミだけでなく言い訳も山ほどあった!

社会

2019/10/14 10:00

ゴミ屋敷
(CamiloTorres/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

アパートで猫と暮らしていた老婆に、裁判所から「退去しなさい」との命令が下された。アパート内は足の踏み場もないほど物が溢れた状態で、確認に訪れた当局の関係者らも腰を抜かしたという。


 

■「出て行ってくれ」と言われた老婆

ウェールズで猫と一緒に暮らしているある老婆(70)の暮らしは、いま流行している断捨離とは無縁。

アパート内には歩くスペースもないほど物が山積みで、当局の依頼を受け室内を確認した消防士らは「こんなに汚いアパートは初めて見た」「火災が起きたら大変なことになる」と老婆に告げたという。

そこで老婆にアパートを紹介した団体は「8週間以内に片付けてほしい」と老婆に伝えたが、室内には物が増える一方で片付くことはなかった。


関連記事:15歳少女が老婆を惨殺 法廷ではタレントのようなポーズで笑顔も

 

■老婆の言い訳の数々

老婆によると、この安アパートに引っ越す前は寝室が5部屋もある屋敷暮らしだったとのこと。その家に保管してあった衣類などが大量にあり、それらを袋に詰めてアパートに運びこんだ結果、室内がとんでもない状態になったという。

またそのような状態で床を掃除できるわけもないが、老婆曰く「衛生面はバッチリなの」。片付けをしなかった理由については「体調を崩したせいで、8週間でキレイにするのは無理だったわ」と述べている。

次ページ
■ホームレス生活に不安も

この記事の画像(1枚)