「足3本・陰茎2本でも産み育てたい」 妊婦の強い意思で寄生性双生児が誕生

  奇形ではなく「奇跡」の赤ちゃん。ママはそう思ったのだろう。

社会

2019/10/14 11:30

手術・医師
(kzenon/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

超音波検査や胎児の染色体や遺伝子に異常がないかを調べる羊水検査などを経て、お腹のなかの赤ちゃんについて多くのことを把握できるようになった。しかし、もしも赤ちゃんに異常があると知らされたら…? 世の中にはこのようなケースもあるようだ。



 

■ロシア第一の名医が執刀

ロシアのモスクワにある聖ウラジミール小児病院。この大病院で、小児形成外科の分野ではロシア最高の権威と称えられるユリー・ソコロフ博士が、非常に複雑な外科手術を行っていたことがこのたび明らかにされた。

脚が3本とそれぞれに尿道を持つ2本の陰茎があり、しかし肛門は持っていない、そんな深刻な奇形を伴った男の子が誕生したのだという。


関連記事:口と耳だけの赤ちゃんが誕生 「何のためのエコー検査か」と両親は激怒

 

■母は強し…中絶手術を断る

赤ちゃんは昨年7月にロシアの田舎町で誕生した。母親は妊娠中から、お腹の中の子が大変な奇形を伴っていることを画像診断により知らされていた。

産科医は母親に「人工妊娠中絶手術は早いうちに」と助言したが、母親は「それはかわいそう。イヤです」と返答。産んで育ててあげたいという彼女の意思は固く、これ以降は堕胎が難しくなるという時期が来ても揺らぐことはなかったという。

次ページ
■医療チームも全力

この記事の画像(1枚)