葬儀の途中に悲鳴! 棺桶が落下し遺体がむき出しになる大惨事に

愛する夫の遺体が無残にも晒され、妻は大変なショックを受けた。

社会

2019/10/14 19:00

葬式・棺桶・葬儀
(ayaka_photo/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

最愛の夫の闘病を最期の瞬間まで見守り、亡くなったあとは「立派な葬儀をとり行いたい」と願った妻。しかしその妻の希望は、葬儀業者の信じられないような失敗のせいで砕け散ってしまった。


 

■最愛の夫の死

英国で暮らすある女性(52)の夫は、2013年に腎臓に腫瘍ができていると宣告され闘病を開始。治療の段階で白血病を患っていることも発覚し、夫はどんどん弱り2015年に亡くなってしまった。

とても優しく愛情深かった夫の死を嘆きつつも、女性は「愛する夫をきちんと見送ってあげよう」と決意したという。


関連記事:「遺体をよく観察」した葬儀業者 発見した衝撃の事実

 

■むき出しになった遺体

女性は大金を用意し高額な棺桶を手配。遺体をおさめた棺桶は葬儀業者のスタッフ数名がかつぎ、400~500人の参列者が見守るなか、事前に掘ってあった穴の底に置こうとした。

しかしそのとき棺桶が穴に転がり落ち、なんと粉砕。その瞬間に遺体がむき出しになったというが、その顔面は傷みひどい状態になっていたという。

あまりのショックに女性が驚き泣き出した瞬間に子供たちが穴に飛び込み、慌てて父親の遺体を回収。棺桶をかついでいたスタッフは即座に逃げ出すという無責任な態度で、女性と家族はそのあと別の葬儀業者に依頼し、葬儀をやりなおすことになった。

次ページ
■トラウマで墓参りもできず

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ