小学校で授業中に女教師が卒倒 ウォッカを手放せないアル中だった

責任ある仕事をしていながら重度のアルコール依存。周囲はたまったものではない。

社会

2019/10/14 18:00

アルコール中毒・酔っぱらい・女性
(Diy13/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

教師の中には、ごく一部とはいえ資質、道徳心や規範の意識が著しく廃退した者がしばしば報じられるという嘆かわしい事実。それは日本に限ったことではない。オーストラリア・ブリスベン市でこのほどそんな一例が明らかになり、波紋を広げている。



 

■水に見えた飲料の正体は…

2016年8月、クイーンズランド州の小学校で2年生を受け持つ女の教師が理科の授業中に倒れ、児童らが心配するなか救急車で病院に搬送された。

デスクに置いてあったボトルには水に見せかけたウォッカが入っており、そこにはベンゾジアゼピン系抗不安薬のヴァリウム(X線造影剤のバリウムとは別物)も含まれていた。

彼女は結婚生活のトラブルからうつ病を呈し、抗不安薬とアルコールの併用には問題があると知りながらヴァリウムとウォッカに依存していたという。


関連記事:千鳥・大吾、手の震えが止まらない姿に心配の声 「ガチの中毒?」

 

■アルコール依存を克服できず

病院で行われた検査で女性は高い血中アルコール濃度を示し、ウォッカが手放せない重度のアルコール依存症に陥っていたことが判明。学校では担任を下ろされ、指導補助要員としての勤務が決まった。

厳重注意を受けたはずが、彼女はその後も図書館や教室で同じように寝込み、倒れ、昨年夏には通勤に使用する車のなかで泥酔して眠っているところを目撃され、ついに通報された。

5ヶ月間にわたる車の運転免許の停止と罰金刑が下ったほか、今月1日、クイーンズランド州民事行政裁判所は彼女に2年間の教職免許の停止を言い渡している。

次ページ
■教師としての資質に問題

この記事の画像(1枚)