1日の疲れを取る場所だからこそ… 女性が風呂で泣く理由とは

風呂は1日の疲れを取るのに、うってつけの場所である。また人に見られないために、ひっそりと泣くこともできる。

ライフ

2019/10/15 09:40


 

■風呂の時間が短いので考える暇がない

一方で男性は、風呂にそれほど時間をかけない人が多い。そのために泣くようなことを、考えている時間がないのだ。

「基本的に風呂は短いので、泣くようなことを考える時間はない。シャワーで済ませてしまうことも多いし、ただ体や頭を洗うことだけを考えている」(30代・男性)


関連記事:お風呂といえば船だった? チコちゃんが「湯船」の秘密に迫る

 

■プライバシーがある空間が他にないので

家で自分の空間が持てない人は、トイレや風呂に頼るしかない。

「うちは家が狭いために、プライバシーがあまりない。家の中でひっそりと泣ける空間といえば、トイレとお風呂くらい。トイレは長くいると変に思われるから、消去法でお風呂になる。


そうしょっちゅうは泣かないけれど、つらいことがあったときに何度かお風呂のお世話になっている。今後もなにかあったときには、お風呂で泣くのだろうな」(20代・女性)


人知れず泣きたいときには、ゆっくりと風呂につかってみるのもいいかも。

・合わせて読みたい→磯山さやか、若手芸人の風呂での行為にドン引き 「最低」「苦情くるって」

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年8月9日~2019年8月14日
対象:全国10代~60代の男女1,653名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)