大好きだった人への思いが冷めた人も… 永遠の愛は本当にあるのか

愛し合っている頃には、この愛は永遠だと信じて疑わないだろう。しかし、気まぐれな心変わりにより愛は…

男女

2019/10/15 11:00

カップル
(itakayuki/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

好きな人との愛は、永遠に続くと思いたいものである。しかしながら気持ちが冷めてしまうこともあるのが、愛の怖さだろう。


画像をもっと見る

 

■半数近くが永遠の愛を信じて

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,653名を対象に、「愛について」の調査を実施。

永遠の愛はあると思うグラフ

「永遠の愛はあると思う」と答えた人は、全体で47.5%と意見は真っ二つに分かれている。


関連記事:イタリア男性はいつ「愛してる」って言うの?モテ男たちに愛を語ってもらいました

 

■あんなに好きだったのに

性年代別では、40代男性が一番少ない割合になっている。

永遠の愛はあると思う性年代別グラフ

長い人生の中で、永遠の愛の存在を疑うような経験があったのだろうか。

「20代の頃に、ものすごく好きだった人と付き合えた。すごくうれしくてこのままずっと一緒にいたいと思っていたのに、いつの間にか僕の気持ちが冷めてしまって。


こちらがフラれることはあっても、自分の気持ちがなくなるなんて考えたこともなくてびっくりした。あの気持ちは、どこにいってしまったのだろう」(40代・男性)

次ページ
■愛の形は変わるけれど

この記事の画像(3枚)