2歳息子がソファで寝ると主張し… 「翌朝の光景」に驚いた

料理研究家で人気ブロガーの桜井奈々さんがブログを更新。2歳の長男がソファーで眠りたがったエピソードについて綴った。

ライフ

2019/10/15 05:45

幼児
(Makidotvn/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

小さな子供は、ときに予想だにしない行動に出るもの。そして、それが深夜だと親は大いに困ってしまう。

2人の子供の育児を綴ったブログが人気を集める、料理研究家・桜井奈々さんのブログ記事が注目を集めている。


 

■ソファーで眠りたがる2歳息子

10日、桜井さんは「なぜ、、そこで寝たがる」とのタイトルでブログを更新。2歳の息子との、睡眠をめぐるエピソードについて綴る。

この日の前夜、桜井さんが眠ろうとしていたところ、息子が起床。午前0時45分という遅い時間にも関わらず「プラレールをやろう」とアピールしてきたという。しかし、電車のおもちゃを使うとうるさいため、なんとかレゴに誘導。少し遊ぶと、満足したのか息子はソファーにゴロンとうとうとし始める。

その様子を見て、お布団に運ぼうとした桜井さん。しかし、そうすると息子はギャン泣きし、ソファーに戻すとぐっすり寝ることに。


関連記事:仕事帰りの夫が入浴せずに就寝 ソファを見て「地味なストレス」溜まる

 

■夫が床で眠ることに

なぜソファーがいいのか戸惑う桜井さんだが、「とりあえずソファーの前に座り、落ちないように監視」することに。しかし、この状態で朝までいられるワケもない。

そのとき、「ふんわり」酔っ払った状態の夫が帰宅。状況をすぐさま理解した夫は、枕を持ってソファーの下で寝始めた。眠すぎて思考回路が停止しかけていたという桜井さんは「息子落ちても主人がいるので痛くない」「謎のナチュラルな2段ベッド完成!」と安堵。

その後、ダメ元で息子を布団へ運んだところ、起きず。任務を終えた夫にも声をかけると、余程眠かったのか「もうそこで寝る」と言ってくることに。

結果、翌朝、起きてきた長女が父親を見て「なんでここに寝ているの? そこにお布団あるじゃん」と質問。「私にももはやよくわかりません」と桜井さんは思ったそうだ。


■「わかる」と共感の声も

2歳息子がソファーで寝ると思いきや、結果的に夫が床で眠ってしまったという今回のエピソード。夫のくだりはさておき、子供がソファーで眠りたがるというのはそれなりにあることなのか、読者からも共感の声が寄せられている。

「わかるー!! 1歳10ヶ月の息子がいますが、やたらとソファで寝たがります」


「私は、ソファにくっつけて、布団を畳んで、掛布団も載せて、転落しても、クッションよくという方法で、放置して寝たことあります。案外にドンと落ちないんですよね」


謎なこだわりがかわいい子供だが、時と場合によっては困る場合もある。そんな当たり前のことを改めて感じさせるエピソードであった。

・合わせて読みたい→池田エライザ、胸元がざっくりと開いた衣装で年始の挨拶 「らぶ」

(文/しらべぇ編集部・宝田洸太

この記事の画像(1枚)