クマが引き戸を開け民家のダイニングをうろうろ 家人は2階にいて無事

冬眠に備えクマも今は必死。おいしい物は里に豊富なことも知っている。

社会

2019/10/15 05:00

クマ
(mouse_sonya/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

ぬいぐるみとは異なり、想像以上に太くて鋭い爪と歯を持つクマ。本物はじつに怖い。今年の秋も日本のあちこちで「クマ出没」の報道が相次いでいるが…。



 

■クマの生息数は増える一方

個体数が増えているのと同時に里、つまり畑や民家においしい食べ物があることを覚えてしまったクマたち。日本だけでなく、近年アメリカの多くの州でクマ出没の話題が急増中だ。

たとえば、ここ50年でクマの生息数が10倍にも増えたといわれるフロリダ州では数日前、オーランドの北西に位置するアポップカという町で民家にクマが侵入した。


関連記事:やっぱりキレイな肌が好き! お金と手間なしでモテ肌を手に入れる方法

 

■ガラスに妙な泥汚れが付着

その家の主である男性がクマの存在を疑ったのは、ある引き戸のガラス面にクマが前足でこすったような泥汚れが付着していることに気付いた時だった。

男性はただちに自宅内に設置された防犯用ビデオカメラの映像を確認。クマは引き戸を上手に開け、家のなかに侵入するとダイニング・キッチンを目指し、しばらくそこをうろうろしてから去っていったことがわかったという。

次ページ
■クマは遭遇しないに限る

この記事の画像(1枚)