二階俊博氏の「まずまずに収まった」に批判 失言議員に国民は厳しい目

二階俊博自民党幹事長の「まずまずに収まった」発言に批判

政治

2019/10/17 10:00

二階俊博

自民党の二階俊博幹事長が、10月21日に東日本に上陸した台風19号の被害について「まずまずの被害に収まった」と発言し、批判を浴びている。

『グッとラック!』(TBS系)のMC立川志らくは「数で国民を考えている」と激怒。一方ネットからは「発言の切り取り」「真意はそこじゃない」と擁護する声もあった。



 

■失言を繰り返す政治家は辞職すべき?

政治家の失言は与野党問わず飛び出しており、繰り返す人物については「議員にふさわしくないので辞職するべき」という声が上がる。

しらべぇ編集部が全国の10~60代の男女1,653名に実施した調査では、67.3%が「辞職するべきだ」と回答。

失言を繰り返す政治家について厳しい目を持つ人は、かなり多い。


関連記事:『バイキング』坂上忍、失言のブラマヨ小杉にガチ注意 「生放送中だよ?」

 

■年代別に見ると

「失言を繰り返す政治家は辞職するべきだ」と答えた人を年代別に見てみよう。

60代の割合が高く、76.1%となっている。一方、20、30代は割合が若干低めだ。不適切とされる発言は「切り取られたもの」であることも多く、ネットで全文を確認すると失言とまでは言い切れないことも。

ネットを見ず、テレビや新聞で情報を得ている人が多い世代ほど、1人の政治家に失言が多い印象を持ち、「辞職するべきだ」と感じるのかも。

次ページ
■辞職すべきと考える人の意見は?

この記事の画像(2枚)