『死役所』いじめで自殺した少年 死後の世界で知った“その後”に涙

死後の世界、あの世とこの世のはざまが描かれるテレビ東京『死役所』。作り込まれた世界観に称賛の声。

エンタメ

2019/10/17 16:40


イジメ
(CraigRJD/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

TOKIOの松岡昌宏が主演を務めるドラマ『死役所』(フジテレビ系)の第1話が16日に放送。原作の同名コミックではリアルな人間模様や所々に現れるグロテスクな表現が多い本作だが、ドラマでもその部分がしっかりと描かれていることに対し「テレ東でこれを再現するとは」と大きな話題を呼んでいる。



 

■『死役所』とは?

老衰、事故、他殺…さまざまな理由でこの世を去った人々が最初に訪れず場所「シ役所」。あの世とこの世のはざまにあるというその役所は、死後の世界へ向かう際の手続きを行う場所である。

キーパーソンとなる女子大生の死者・三樹ミチル(黒島結菜)、そしてシ役所職員のシ村(松岡)を中心に訪れる死者たちの生前の物語が紡がれていく。


関連記事:虐待されても母を愛する少女に絶句 「つらすぎる」「洗脳」

 

■いじめにより自殺した少年

第1話では同級生にいじめられ、苦悩の末に自殺した鹿野太一(折山尚太)がシ村に説明を受けながら手続きを行っていた。シ役所の資料は名前や享年などの基本情報のほか、「死因」を記入する欄が設けられている。

そこに戸惑いながらも「いじめ」と書き込んだ太一は、シ村にもう少し詳しく説明するよう告げられる。


■少年の壮絶な過去

太一が中学生になった頃、母親が再婚。新しい父親と馴染めずにいた上、学校では牛尾をはじめとする同級生たちに激しいいじめを受けていた。その内容はトイレでズボンを脱がされ写真撮影、その様子をSNSに投稿される、またあるときは数万の現金をカツアゲされるなど壮絶なものだった。

太一は学校にも家庭にも居場所がないと感じ自宅であるマンションから飛び降り自殺を敢行する。自身の身に降りかかった出来事をつづった日記はつけていたものの、遺書は書かなかったという。

次ページ
■いじめの首謀者を殺害したのは…

この記事の画像(1枚)