ピザーラ、台風被災地で無料炊き出し ボランティアの理念聞いた

多数のエリアに被害を及ぼした台風19号。ピザーラの行なったボランティアが話題を呼んでいる。

社会

2019/10/17 20:30


 

■援助の気持ちを惜しまない

『ピザーラ』では過去にも様々な被災地ボランティアを行なっている。2016年に熊本地震が発生した際は、複数のエリアでキッチンカーを使用したピザ配達を実施。他にも多数の小学校や公共施設に、除菌用アルコール製剤を寄付している。

先の台風15号発生時も千葉県で炊き出しのボランティアを行なっており、同社のツイッターアカウントには「素晴らしい企業だ」といったコメントが多数寄せられていた。


関連記事:勝俣州和、クリスマスの予定 「気の合う仲間と楽しみたい」

 

■ピザーラの理念

しらべぇ編集部はボランティアの詳細を確認すべく、『ピザーラ』を経営する『フォーシーズ』広報担当者に直接話を聞いた。

広報担当:本日は500食のピザを提供させて頂きました。明日につきましては地域の方とご相談させて頂き、実施場所や時間など、ご迷惑がかからないように調整でき次第、活動をさせていただければと考えております。


無料でピザが食べられるのは魅力的だが、今回のボランティアはあくまで被災者を対象としたもの。本当に困っている人々に美味しいピザがいき渡るためにも、単なる「無料配布」といった認識は避けるべきだろう。

・合わせて読みたい→合計約2.5キロのチーズ… ドミノピザのとんでもないピザ復活

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

この記事の画像(1枚)