ギャルママ、小5娘が語る“勉強を頑張れる理由”に「小さいのに偉いなぁ」

元カリスマギャルモデルの心育児研究家・ブロガーの日菜あこがブログを更新。小5次女が「勉強を頑張れる理由」に驚いたことを綴った。

エンタメ

2019/10/18 05:45

勉強しない子供に対して怒った経験のある親は少なくないだろう。しかし、中には自分から進んで勉強しようとする子もいる。

元カリスマギャルモデルで、3児の育児の様子を綴ったブログが人気を集める心育児研究家・ブロガーの日菜あこが、17日に更新したブログ記事が注目を集めている。


 

■小5次女が語る「勉強を頑張れる理由」

現在、中3の長男、中1の長女、小5の次女の3人の子供を育てている、シングルマザーの日菜。この日はしっかり者の、小5次女とのエピソードについて綴る。

中学受験を目指し、現在勉強中の次女。いつも勉強を頑張ってる彼女に日菜は「なんでそんなに頑張れるの?」と聞いてみたという。すると、「やらなかったらどうなるかを考えるとやるしかない! って思えるよ」と返ってくることに。


関連記事:小5娘が語り始めた将来の夢 それを聞いたギャルママは言葉に詰まった

 

■愛犬で癒やされるも…

この反応に、「小さいのに偉いなぁ〜」と、我が子ながら感心したと言う日菜。すると、次女は疲れが取れる方法を教えてくれることに。それは愛犬のバナちゃんを「ぎゅ〜とする」というものだった。

次女が考えたこの方法に「バナちゃんに癒されて気持ちを切り替えて頑張ってるんだ」とさらに感心した日菜。しかし、疲れがたまっているのか、癒やされすぎたのか次女はそのまま爆睡。まさかのオチに、「バナちゃんは癒し効果が強すぎて逆に勉強できなくなるようです」とまとめた日菜だった。


■6割が「もっと勉強しておけば…」

ちなみに、しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,537名に勉強に関する調査をしたところ、6割が「若い頃にもっと勉強しておけばよかったと思う」と回答している。

多くの人が後悔している、若かりし日の不勉強。しかし、日菜家の次女はそうならない可能性が高そうだ。

・合わせて読みたい→ギャルママ、中1娘に「ウザ…」と言われた際の対処法 「勉強になる…」

(文/しらべぇ編集部・宝田洸太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年10月19日~2018年10月22日
対象:全国20代~60代の男女1,537名(有効回答数)