吉沢亮、”禁断の秘密”初告白にファン騒然 「興奮した」

俳優の吉沢亮が17日、『VS嵐』に出演し、小学生時代の恥ずかしい思い出を告白した。

エンタメ

2019/10/18 08:00


吉沢亮

俳優の吉沢亮が17日、『VS嵐』(フジテレビ系)に出演。小学生時代の恥ずかしい思い出を告白した。



 

■小学生6年生で…

番組の企画の中で「過去に戻ってやり直したいこと」を問われ、小学生6年生のときの出来事を振り返った吉沢。

ある日眠っている最中にトイレをしている夢を見ていたところ、「垂れ流れていた」と、独特の表現でおねしょをしてしまったことを明かした。

小学校高学年でおねしょ。あまりの恥ずかしさに黙っていると、母親が濡れた布団を発見。

吉沢は叱られることを覚悟したのだが、母親はまさか小学6年生の吉沢がおねしょをするはずがないと思ったらしく、吉沢の隣で寝ていた7歳年下の弟が叱られたのだという。

濡れ衣を着せられた弟は状況が理解できず、号泣していたそうだ。


関連記事:ロンブー田村淳、相方・亮と笑顔のツーショット披露 「厳しく見守りつつ支えていきたい」

 

■吉沢「弟よ、ごめんな」

嵐の桜井翔から「それはのちに、弟くんにも話したの?」と問われると、「今初めてです」と吉沢。「この場を借りて謝っといた方がいいよ」と謝罪を促されると、「弟よ、ごめんな」と反省を口にしていた。

過去の悪行を懺悔した吉沢だったが、視聴者からは「小6でおねしょした吉沢くんかわいい」「吉沢亮のおねしょなら喜んで片付ける」「まさかのおねしょ話が聞けて興奮してしまう」など、意外な反響が寄せられた。


■半数「思い出すと恥ずかしい経験アリ」

吉沢のおねしょのように、忘れたくなるような恥ずかしいエピソードは誰にでもあるだろう。

ちなみに、しらべぇ編集部が全国10~60代の男女1,353名を対象に「思い出すと今でも恥ずかしくなる出来事」について調査を実施したところ、5割強の人が「ある」と回答する結果となった。

思い出すと恥ずかしくなる出来事

10年以上の時を経て、自分のせいで弟が濡れ衣で怒られたことを初告白した吉沢。果たして、弟は許してくれるだろうか。

・合わせて読みたい→菅田将暉や桐山漣も… 「特撮ヒーローのSNS同窓会」が胸アツすぎる

(文/しらべぇ編集部・RT

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年12月22日~2015年12月24日
対象:全国20~60代の男女1353名(有効回答数)