櫻井翔、「やり直したい」と思うドラマ撮影 その理由にスタジオ爆笑

『VS嵐』では、櫻井翔が『木更津キャッツアイ』撮影時の公開を告白。エピソードの内容にスタジオは大爆笑。

エンタメ

2019/10/18 15:40

櫻井翔

17日に放送された『VS嵐』(フジテレビ系)に出演した嵐・櫻井翔が、「過去に戻ってやり直したいこと」を告白。スタジオでは大爆笑が起こった。



 

■大学の試験と並行して撮影

『木更津キャッツアイ』(TBS系)第3話を撮影していた期間、大学の試験と重なり「全然時間がなかった」と振り返る櫻井。

試験勉強をしながらドラマのセリフを覚えなくてはいけないため、「恥ずかしながら現場で一生懸命覚えなきゃならない」とコピーされた台本を直前まで読み込んでいたという。


関連記事:櫻井翔、15年前の事件を解禁 「悪魔」「『笑って』って…」

 

■手にしていた台本を…

櫻井を含めた3人で、歌いながら早足で歩く場面を撮影しなければならないときも、カメラが回る間際まで台本を手にしていた櫻井はズボンに台本を差し込み撮影。

監督の合図とともに歩き始めた櫻井だが、だんだん台本が落ちてきてしまい不自然に手で抑えながら歩かなければならない事態に。このエピソードに、スタジオにいた出演者も「ヤバいヤバい!」と口にし、大爆笑が起こった。


■未来と過去行けるならどっち?

「あれだけ撮り直したい!」と強い思いを口にした櫻井。しらべぇ編集部が、全国20〜60代の男女1,334名を対象に調査を実施したところ、「タイムマシンで行ってみたいのは、未来よりも過去だ」と回答したのは全体の51.7%。

年代別に見ると、意外にも若年層に「過去に戻りたい」と思う人が多いことが判明した。
タイムマシン

実際にその時の動きを再現した櫻井を見て、二宮和也や松本潤は「なんでなんで」「気持ち悪い」とコメント。それに対して櫻井は「OK出ちゃったんだもん」と開き直る様子を見せた。

・合わせて読みたい→櫻井翔、若手芸人を大物女優と勘違い まさかの人物に「意識飛んだ」

(文/しらべぇ編集部・稲葉 白兎

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年3月24日~2017年3月26日
対象:全国20代~60代の男女1,332名 (有効回答数)

この記事の画像(1枚)