8歳少年が314キロのイタチザメを釣る 「始めたのは1歳半だよ」

釣り同好会に所属する父親と一緒の海釣り、少年にとってそれは最高の楽しみだという。

社会

2019/10/19 15:20


 

 ■1歳半で海釣りデビュー

父親のジョノサン・ミロウロさんや、彼の釣り仲間とともに『9NEWS』の取材に応じたジェイデン君はこう語った。

「1歳半からパパに連れられて、皆と一緒に海釣りをするようになったんだ」


「使用していたのは大物釣り用のフックと15キログラム用のラインだよ」


ジョノサンさんはそんな息子について、「必死に足を踏ん張って耐えていましたね」と誇らしげに語っている。


関連記事:海岸で発見された人間の脚 サメに食われた男性のものと判明

 

■イタチザメ釣りの成功例

世界中の温帯・熱帯海域に生息するイタチザメはサメの中でも大型で、成長するとメスがオスよりやや大きくなる。体重は400 キロ前後だが、600キロを超え、全長9メートル超という巨大な個体もいると報告されている。

「三大人食いザメ」の一種でもあり、個人がイタチザメを釣り上げるケースは稀有。1997年4月、イアン・ヒッセイさんという男性が687ポンド(約312キログラム)のイタチザメを釣り上げたが、ジェイデン君の記録が久しぶりにそれを塗り替えるであろうという。

・合わせて読みたい→梅宮辰夫さんの釣り道具を形見分け アンナ「本当に海を愛して」

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

この記事の画像(1枚)