約34キロの丸太を崖から落とした少年たち 直撃で女性カメラマンが即死

「悪意はなかった」と警察が見解を明かす一方で、遺族は「とにかく事実を知りたい」と話している。

社会

2019/10/19 14:30

(monkeybusinessimages/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

大きな丸太を見つけ、すぐそばにある崖から「落としてみようぜ」と話し合った少年たち。しかし不運なことに崖の下には女性がおり、丸太の直撃を受け一瞬にして亡くなってしまった。



 

■少年たちの悪ふざけ

9月2日のこと、米オハイオ州で暮らす10代の少年ふたりが崖の近くでぶらついていた。

そのとき丸太があることに気付いたふたりは、約34キロもある丸太の移動に挑戦。10歳児ほどの重さがあるそれを「崖の下に投げ落としてみよう」と決め実行に至ったというが、真下に女性がいることにはまったく気づいていなかった。


関連記事:クリスマス前の大惨事 踏切を渡ろうとした男児が列車に轢かれ即死

 

■女性が即死する大惨事

この日、崖の下付近の州立公園ではある高校の生徒写真が撮影されていた。担当していた女性カメラマン(44)は崖の真下にある洞窟付近でくつろいでいたところを猛スピードで落ちてきた丸太の直撃を受け、何が起きたのか気付くまもなく即死したという。

大変なことが起きたと気付きつつも、少年たちは怖くなり通報はできなかった。警察がすぐさま捜査を開始したものの、事故発生から1ヶ月ものあいだ、手がかりはまるでなかったという。

次ページ
■少年らが殺人の容疑者に

この記事の画像(1枚)