「妻が血だまりで死んでいます!」 悲劇の夫を演じた男に終身刑

勃起不全をバカにしすぐにキレる妻に、嫌気がさして殺害か。

社会

2019/10/19 14:00

バール
(AndreyPopov/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

がんを患っている妻に寄り添っていたはずの男が、脳が飛び散るまで妻の頭を殴りつけ惨殺した。その後に通報した男は「心肺蘇生も試みたのに…」と嘆いてみせたが、実は深い事情があったと主張している。



 

 

■惨殺された女性

昨年11月のこと、英国チェシャーで暮らしていたある女性(49)が頭部を30回以上も殴りつけられ死亡した。

その後に通報したのは「がん闘病中でもあった妻に寄り添っていた」という物静かな男(51)で、警察に対してはひどく動揺した様子で「妻が血まみれで死んでいます」「脳みそや血があちこちに飛び散っています」と説明。

慌てた警官隊がただちに現場にかけつけ、救急車もほどなくして事件現場に到着した。


関連記事:「妊娠したの…」という妻にキレたか 妻殺害容疑で夫が逮捕

 

■男がついた嘘

しかし実際に女性を殺害した犯人は、この男。馬小屋に妻を誘いだし襲いかかり、バールで30発以上も頭を殴りつけ殺したにも関わらず「悲しみに暮れる夫」を演じたのだ。

その後に変わり果てた姿の妻を乗せた救急車に乗り込んだ男は、頭を抱え演技を続行。「人工呼吸をして蘇生を試みたのに…」などと述べて同情を買った。

次ページ
■命乞いした女性